QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南で安定して美味しい店備忘 081021

諸事情により、長く住んできた湘南を去る日が近づいてきた。
忘れないうちに地元のおいしいお店をメモしておく。
「おいしい」の基準は完全に自分の主観です。

■藤沢 COVO
http://r.tabelog.com/kanagawa/rstdtl/14011326/
豚のしゃぶしゃぶとバーニャカウダを毎度注文する。
しゃぶしゃぶの肉はミヤジ豚。
バーニャカウダの野菜は地元の野菜が多い。
最近、土日の夕方は予約なしでは入れないことが多い。
人気店になりつつあるのだろうか。

■藤沢 aburiba
http://r.tabelog.com/kanagawa/rstdtl/14007747/
魚を食べたくなったときに行く。
魚のあぶり焼きや煮つけ、アブリバサラダが旨い。
ダイニングバー的雰囲気である。
店員さんは美男美女が多く、接客が行き届いていると思う。
ギネスビールの注ぎ方が上手い。

■鵠沼海岸 遊食倶楽部ベース
http://www.cityfujisawa.ne.jp/~shouten/shop/kk017/kk017.html
海に行った後、たまにここでビールとピザで乾杯する。
ピザの生地は薄焼きでパリッとしている。
ピザはミックスが一番美味しい。

■藤沢 フリーカルチャー
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1404/A140404/14008342/
りんごがまるっと一個入っているアップルパイが衝撃的。

■藤沢 こぐま
藤沢駅近くの裏路地にひっそりと佇むラーメン屋。
私はここの味噌ラーメンと牛乳ラーメンがとても好きだが、
連れて行った人は皆微妙な顔をする。
でもいつも結構人が入っているので、好きな人は好きだと思う。
オヤジの「いらっしゃー」が耳に残る。

■七里ガ浜 bills
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14011661/
「世界一の朝食」として有名らしい。
一番有名なスクランブルエッグをまだ食べたことがないが、
パンケーキは非常に美味しかったので、
きっとおいしいにちがいない。

■鵠沼海岸 クゲヌマ・アクア・ドゥーエ
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1404/A140403/14004030/
実はもう閉店しているが、一番好きだったイタリア料理店である。
2006年秋に無くなって、心から残念だった。
値段はもう少し高くてもよいから、続けて欲しかった。
月に2、3度はプレフィックスで食べていたが、
前菜、魚、肉、デザートのどれもとっても美味しかった。

網羅的な機能を備えた無料アクセス解析サービス(QLOOK)

このブログでは「QLOOKアクセス解析」という無料のアクセス解析サービスを利用している。
QLOOK(クルック)は比較的後発のためか、他のアクセス解析サービスの不足点をかなり網羅した機能を提供してくれている。

qlook_banner.png

cf. QLOOKアクセス解析のトップページ
cf. QLOOK動作中デモ

QLOOKに行き着くまでに私はいくつかの無料アクセス解析サービスを比較した。
比較したサービスは、FC2アクセス解析忍者アクセス解析(Ninja)Google Analyticsi2iアクセス解析、そしてQLOOKアクセス解析だ。(※)
※その他にClikyAccessAnalyzer.comも試したが、前者は日本語が文字化けする、後者はエラーが発生しページ登録できなかったので今回の検討から外した。しかし、両者とも良さそうなサービスだったので、改善されたら改めて試してみたい。

いまのところ解析できる軸(項目)には各サービスに目立った違いはないと思うが、その中でQLOOKを採用したポイントをこのエントリにメモしておく。

■リアルタイム解析
Google Analyticsではアクセス解析結果が出るまでに1日程度のずれが発生する。
QLOOKはほぼリアルタイムにアクセスログを画面に反映してくれる。

■生ログの閲覧が可能
QLOOKでは生ログと呼ばれる解析元ネタデータの閲覧ができる。
この生ログは携帯電話からも見ることができ便利だ。
Google Analyticsでは生ログの閲覧はできない。

【追記:2008/7/26】
QLOOKの有料版サービス開始に伴って、無料版ではログのダウンロードができなくなった。そこで、QLOOK無料版のページからビジター数、アクセス数を抽出するブックマークレットを作成した。
kfall+ QLOOK無料版でアクセス数のログを取得するブックマークレット

■解析対象ページ上限数
無料のアクセス解析サービスでは解析ページ数に上限が設けているのが普通である。
例えば、忍者アクセス解析(Ninja)は100ページまで、FC2アクセス解析は120ページまでだ。
しかし、QLOOKでは解析対象ページ数に上限が無い(アクセス数の解析上限は5000ページ)。

■解析対象ページの自動登録(URLとタイトル)
FC2アクセス解析では、解析したいブログページをアップする毎に、対象のURLやタイトルを登録しなくてはならないが、QLOOKではその手間が無い。
具体的には、ブログのテンプレートに固定タグを埋め込んでおけば、ブログをアップするだけで新規ページを自動的に解析対象にしてくれる。その際、ページタイトルも取得してくれる。

【追記:2008/8/6】
FC2でもクローラーを利用した擬似ページ自動登録を始めたようだ。

【追記:2008/7/14】
「高度な解析タグ」を使うとJavaScriptを使えない携帯端末からのアクセスでもURLとタイトルを解析できるようになった。
このブログでも対応してみたが、携帯端末からのアクセス傾向がPCと大幅に違い興味深かった。
kfall+ QLOOKの高度な解析タグをFC2ブログに適用する

■遷移元・クリック先解析、クイックストリーム
QLOOKは解析対象ページの遷移元やクリック先を解析してくれる。
特にクリック先解析は自ページをハブにした効果情報として非常に有効だと思うが、対応しているサービスは意外に少ない。
また、1ユーザのページ遷移にフォーカスしたクイックストリームというビューがあり、あるユーザがどこから来て、どのページを見て周り、どこに抜けて行ったかが分かるようになっていて面白い。

■除外ユーザ複数登録
訪問者数の少ないサイトを解析する場合、自分やクローラー等、雑音系ビジターは解析対象から除外したくなる。
しかし、i2iアクセス解析は1ビジターしか除外登録できないし、忍者アクセス解析(Ninja)には除外機能自体ないようだ。
対してQLOOKの場合、除外対象ビジターを8個まで登録することができる。

■集計結果永久保持
QLOOKでは日別集計結果をずっと保管してくれる。
他サービスでは一定期間(4ヶ月程度が多い)で結果が消えてしまうことが多い。
※【追記:2008/8/6】
日別アクセス数の永久保存が始まった。
もともとは、月ごとのアクセス数は永久保存されるが、日別のアクセス数はおよそ2ヶ月で削除されていた。

■日別にメモを付けることができる
【追記:2008/8/19】
アクセスが急増した日などに、その理由を書き残しておくことができる。

■要望やバグ報告に結構対応してくれる
【追記:2008/8/19】
QLOOKに対し、要望やバグ報告をたまに出しているが、結構対応してくれる。
8/19に付いたメモ機能に関しては、数ヶ月前に付けて欲しい旨、私も要望を出していたのでとても嬉しい。

■成長感がある
【追記:2008/8/19】
機能追加スピードが結構速く成長感がある。7月、8月だけでも以下のような機能追加があった。
・「メモ機能」を追加
・除外をログおよびランキングに反映
・日ごとのアクセス数が永久保存
・ページ名の登録
・アクセス先のURLをページのタイトルに置き換える
・検索エンジンのURLを短く表示する
・「ケータイ版」改良
・「ビジット・ページビューの判定基準」の設定項目追加
・「ビジターに名前をつける」の設定項目追加
・「高度な解析」を解析タグ追加

■バナーに広告が出ない
ほとんどの無料アクセス解析サービスでは、解析対象ページにバナー画像を貼る必要がある。
自己主張の強いものや広告が表示されるバナーが多い中、QLOOKのバナーは非常に小さく広告も掲載されない。
バナーはカウンタ形式のものと静的なものが選べる。



■アクセス解析が分かるページ
アクセス解析について分かりやすく解説しているページがあったのでメモしておく。

cf. @IT 連載:アクセス解析結果を活かす術
cf. @IT 特集:アクセス解析ツール比較

Firefox 3のFaviconを最新化するアドオン(Reget Favicon)

Firefox 3ではFaviconが一度取込まれてしまうと、
サイト側でFaviconが更新されても
ローカルのブックマークFaviconに反映されない。

kfall+ Firefox 3のブックマークFaviconがキャッシュクリアでリセットされない?

それを解決すべく、
Firefox 3のブックマークファビコン最新化に特化したアドオン(拡張機能)を作成した。

ファビコンをリフレッシュする目的ならば、
Favicon Pickerよりお手軽かもしれない。

■Reget Favicon
Reget FaviconはFirefox3上で動作する拡張機能です。

Firefox 3のディスクキャッシュやファビコンDBから
ファビコンキャッシュをクリアし、
新しいファビコンをサーバから取得して
ブックマークにセットし直します。

ロケーションバーやタブのファビコンは更新されたが
ブックマークのものだけいつまでたっても更新されない、
といった問題を解決します。

reget_favicon1.jpg

▽最新版配布ページ
Firefox Add-ons: Reget Favicon

※Firefox Add-onsにユーザ登録が必要です。
cf. Firefox Add-ons: ユーザ登録

▽動作確認環境
Windows Vista + Firefox 3.0.1
※残念ながら、このアドオンは
Favicon Pickerと併用すると正常に動作しません
動かすには、
Favicon Pickerの設定のチェックボックスを全て外して、
Favicon Pickerを無効化後、
Firefoxを再起動する必要があります。

▽使用方法
1. Faviconを最新化したいブックマークを右クリックする
2. 「ファビコン再取得」を押下する
これでサイトのFaviconが更新されている場合は、
数秒後にブックマークFaviconにも更新が反映されます。

ロケーションバーとタブのFaviconはページリロード時に反映されます。
※方式を見直した結果、Firefoxの再起動は必要なくなりました

▽バグ報告やご要望
バグ報告やご要望はこの記事のコメント欄に書き込んでください。

▽自作アドオン
kfall+ ページに潜んだアクセス解析をブロックするFirefoxアドオン(Ninja Ninja)
kfall+ Firefox 3のFaviconを最新化するアドオン(Reget Favicon)

▽免責事項
・本ソフトウェアを使用したことにより生じた
いかなる障害、損害(例えバグによるものであっても)において
作者は一切責任を負わないものとします。

▽変更履歴
□2008/08/17 0.0.1.20080816a
・アドオン名を「Reget Favicon」に変更した
・国際化した
□2008/07/28 0.0.1.20080728a
・Firefox 3.0.1に対応した
・フォルダ選択時にエラーポップアップを出すようにした
□2008/07/22 0.0.1.20080722a
・ファビコン更新完了時にデスクトップ右下に完了ポップアップを出すようにした
□2008/07/19 0.0.1.20080719a
・メモリキャッシュはまるっとクリアするようにした
□2008/07/18 0.0.1.20080718a
・Firefoxの再起動なしでもファビコン更新が反映されるようにした
・該当ファビコンのディスクキャッシュのみクリアするようにした
・ポップアップをエラー時のみ出力するようにした
・デバックモードを追加した
□2008/07/05 0.0.1.20080705a
・初公開

QLOOKの高度な解析タグをFC2ブログに適用する

FC2ブログにQLOOKの「高度な解析」タグを設置する際、「他人の日記を見るのか? ver.BLOG」というブログの記事が非常に参考になる。
ここに掲載されているタグのサンプルを流用させてもらえば、FC2ブログにQLOOKの高度な解析タグが簡単に適用できるので、その手順をメモしておく(2008/7/28現在)。

▽流用箇所
まず、「QLOOKの高度な解析を使いこなす その2」(携帯版)、あるいは「QLOOKの高度な解析を使いこなす その3」(PC版)にアクセスし、記事下方にあるタグサンプルの以下の部分をコピーさせてもらう。
.png?guid=ON&url=ほにゃらら&ttl=ふにゃらら" alt="QLOOKア

次にこれを3ステップカスタマイズする。

▽ステップ1. ブログのURLの書き換え(ほにゃらら部分)
サンプルではブログURLがべた書きされているので、<%enc_url>に全て置き換える。
http%3A%2F%2Frun800m.blog23.fc2.com%2F<%enc_url>

▽ステップ2. ブログタイトルの付加(ふにゃらら部分)
多くのFC2テンプレートではサブタイトルの前にブログタイトルが付いていると思うが、サンプルでは付いていない。必要ならばサンプルのttl=の直後にブログタイトルを付加する。
ttl=<!--ttl=<%enc_blogname>%e3%80%80+<!--

▽ステップ3. &の書き換え
サンプルではクエリ名が、
&url=
&ttl=
となっているが、QLOOKの仕様では、
&amp;url=
&amp;ttl=
が正しいようなので、書き換える。

あとはQLOOKのヘルプを参考に、自分の解析タグにカスタマイズ済みの「&amp;url=ほにゃらら&amp;ttl=ふにゃらら」を入れ込めばよい。

「他人の日記を見るのか? ver.BLOG」の素晴らしい記事のおかげで、このブログでもQLOOK高度解析タグの適用に踏み出せた。感謝!

kfall+ 網羅的な機能を備えた無料アクセス解析サービス(QLOOK)

QLOOK無料版でアクセス数のログを取得するブックマークレット

QLOOKアクセス解析では、有料版サービス開始に伴って、無料版におけるログのダウンロードができなくなった。
kfall+ 網羅的な機能を備えた無料アクセス解析サービス(QLOOK)

しかし、日別のビジター数とアクセス数のログはExcelにとっておきたいので、ビジター数とアクセス数をタブ区切り(TSV形式)で抽出するブックマークレットを作った。

Bookmarklet: ');document.write('ブラウザの戻るボタンで戻ってください
');document.write('
');}var s = '';for (var i = 0; i < rows.length; i++) {s = s + rows[i][0].replace(' ', '\t') + '\t'+ rows[i][1] + '\t'+ rows[i][2] + '\n';}if (document.all) {document.write(s);document.write('
');document.write('
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
');document.close();} else {alert(s);}};genQlookLog();undefined;" alt="QLOOKアクセス数を抽出">QLOOKアクセス数を抽出

▽動作確認環境
Firefox 3.01 + QLOOK(2008/7/26時点)
Internet Explorer 7 + QLOOK(2008/7/26時点)

▽インストール方法(Firefox)
1. 上記の「QLOOKアクセス数を抽出」リンクを右クリックする
2. 「このリンクをブックマーク」を選択する
→これでブックマークに「QLOOKアクセス数を抽出」ブックマークができる。

▽使い方
1. QLOOKの月別、日別、あるいは時間別のアクセス数のページにアクセスする

cf. QLOOK動作中デモ
qlook_day.jpg

2. 作成した「QLOOKアクセス数を抽出」ブックマークをクリックする

qlook_gen_bmklet.jpg

「訪れた人数」「表示された」回数がTSV形式でポップアップ表示される。
(IEの場合、ポップアップがコピー不可なので、ブラウザウィンドウ内にTSVを出力する)

qlook_gen_popup_1.jpg

この内容はコピーして、

qlook_gen_popup_2.jpg

エクセルにそのまま貼り付けることができる。

qlook_gen_excel.jpg

▽バグ報告やご要望
バグ報告やご要望はこの記事のコメント欄に書き込んでください。

Firefox コード例:一番親のウィンドウを取得する(サイドバーからでも有効)

Firefoxアドオンにて、一番親のウィンドウを取得するJavascriptコード例を挙げる。
サイドバーからでも有効に動作する。

/***********************************************
一番親のウィンドウを取得する(サイドバーからでも有効)
*/
var _win = window.QueryInterface(Components.interfaces.nsIInterfaceRequestor)
.getInterface(Components.interfaces.nsIWebNavigation)
.QueryInterface(Components.interfaces.nsIDocShellTreeItem)
.rootTreeItem
.QueryInterface(Components.interfaces.nsIInterfaceRequestor)
.getInterface(Components.interfaces.nsIDOMWindow);
//オープナーを上へ上へとたどってゆく
while (_win.opener) _win = _win.opener;
//ルートウィンドウにフォーカス
_win.focus();


以下のようにwindow.topで取得する方がスマートに見えるが、Chromeを超えた場合に狙いと違うものが取れることがあるので注意が必要である。

_win = _win.top

以下、リファレンスの引用文。
Accessor for the root of this hierarchy of windows. This root may be the window itself if there is no parent, or if the parent is of different type (i.e. this does not cross chrome-content boundaries).
XULPlanet: Object Reference: ChromeWindow#topより引用)

Firefox コード例:Firefoxのエラーコンソールにログを出力する

Firefoxのエラーコンソールにログを出力するJavascript例を挙げる。

/******************************************
Firefoxのエラーコンソールにログを出力する
*/
//標準ログ出力
var logs = Components.classes["@mozilla.org/consoleservice;1"] .getService(Components.interfaces.nsIConsoleService);
logs.logStringMessage("普通のログです");
//エラーログ出力
Components.utils.reportError("エラーログです");
try {
if (true) throw new Error("エラー発生!");
} catch (err){
//例外も引数に渡せる
Components.utils.reportError(err);
}


以下に例付きで詳しい。
cf. nsIConsoleService - MDC

Firefox コード例:ローカルファイルを指すURL(file:///)を作る

Firefoxアドオン上で、ローカルファイルを指すURL(file:///)を作るJavascript例を挙げる。

/***********************************************
file:/// の形式のファイルパス(URL)を作る
*/
//一度、普通のファイルを作る
var path = "c:\\Users\\xxx\\Desktop\\tmp\\";
var aFile = Components.classes["@mozilla.org/file/local;1"].createInstance(Components.interfaces.nsILocalFile);
aFile.initWithPath(path);
aFile.append("hoge.txt");
//ファイルプロトコルハンドラの取得
var fph = Components.classes["@mozilla.org/network/protocol;1?name=file"]
.getService(Components.interfaces.nsIFileProtocolHandler);
//普通のファイルパスを file:/// 形式に変換する
var fileURL = fph.getURLSpecFromFile(aFile);
alert("拡張機能のファイルURL=" + fileURL);


cf. nsIFileProtocolHandler

逆に、file:/// から nsIFile を取得したい場合は以下が参考になる。
cf. nsIFile とパス文字列

Firefox コード例:拡張機能ディレクトリのファイルパスを取得する

Firefoxアドオンから自分の拡張機能ディレクトリのファイルパスを取得するJavascript例を挙げる。

/***********************************************
自分の拡張機能ディレクトリのファイルパスを取得する
*/
//Profile以下の自アドオンのディレクトリを取得
var extId = "{1E8D82DB-622C-4f7c-A6C8-66464999320D}";
//nsIFileオブジェクトを取得
var myExtDir = Components.classes["@mozilla.org/extensions/manager;1"]
.getService(Components.interfaces.nsIExtensionManager)
.getInstallLocation(extId)
.getItemLocation(extId);
//クローンを忘れずに!
var fileDir = myExtDir.clone();
//自アドオンディレクトリから下るにはnsIFile#appendを使う
fileDir.append("chrome");
fileDir.append("tmp");
fileDir.append("hoge.txt");
alert("ファイルパス=" + fileDir.path);


nsIFileオブジェクトを通してファイルのコピーや移動ができる。
cf. nsIFile

Firefox コード例:デスクトップ右下にポップアップをスライドアップさせる

Firefoxアドオンにて、デスクトップ右下にポップアップをスライドアップさせるJavascript断片。
この形式のプロンプトはFirefoxのダウンロード完了通知などで見かける。

nsIAlertsService.gif

/***************************************
デスクトップ右下にポップアップをスライドさせる
*/
var alerts = Components.classes["@mozilla.org/alerts-service;1"].getService(Components.interfaces.nsIAlertsService);
alerts.showAlertNotification(null, "タイトル", "内容はここに書きます" , false, "", null);


showAlertNotificationの引数に画像やイベントリスナも設定できるようだ。
以下に詳しい。
cf. nsIAlertsService

最近の記事

みんなの拡張機能
シリーズ記事一覧
カテゴリ一覧
ブログ内検索
QRコード
QR
プロフィール

くふぉーる

はじめまして。日本のシステムエンジニア「くふぉーる」です。
このブログではできるだけ役立つ記事を掲載することを心がけています。

RSSフィード
このブログについて
・ このブログは全記事リンクフリーです。
・ スパム対策として、トラックバック、コメントは承認制にしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。