QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メール誤送信防止のためのThunderbirdアドオン(Check and Send)

「Check and Send」は、送信前確認機構を組み入れてくれるシンプルなThunderbird用アドオンだ。メッセージ送信直前に「本当にこのメッセージを送信してもよろしいですか?」という警告ポップアップを表示して、メッセージ誤送信防止の最後の砦を作ってくれる。

checkandsend_popup.jpg

Thunderbird以外のメーラーは送信前に確認ポップアップを出してくれるものが多いが、Thunderbirdにはそのプロセスが無く、送信ボタン押下直後にいきなりメールが送信されれるので誤送信しやすい(※ただし、「件名」が空の場合は警告してくれる)。私はAL-Mailから乗り換えた口だが、Thunderbirdではメール送信直後にメッセージ内容や宛先のミスに気がつくことが多々あり、この送信前ポップアップの重要性を痛感した。

cf. Check and Sendアドオンのページ

■Check and Sendのインストール方法
(実施環境:Windows Vista + Thunderbird 2.0.0.14 + Check and Send 0.8.10)
1. ブラウザからhttps://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/2281にアクセス
2. 「今すぐダウンロード」ボタン右クリックし、リンク先を保存する(*.xpi)
3. Thunderbirdを起動する
4. Thunderbirdのメニューバーで「ツール→アドオン」と辿り、アドオンウィンドウを表示する
5. ダウンロードしたXPIファイルをアドオンウィンドウにドラッグ&ドロップする
6. ソフトウェアインストールウィンドウが立ち上がるので「インストール」ボタンを押下する
7. Thunderbirdを再起動する

■Check and Sendの設定方法
Check and Sendの設定画面を開くには、Thunderbirdのメニューバーから「ツール→アドオン」と辿って、Check and Sendを選択後、「設定」ボタンを押下すればよい。私の場合、デフォルト設定(無条件に送信前ポップアップ表示)で事足りているが、それ以外にも色々と設定ができるようだ。

メッセージ送信前に以下のチェックを行えます:
(1) 事前に指定しておいた単語がメッセージ中にあり、添付ファイルがない場合に確認
(2) 事前に指定しておいた単語がメッセージ中にある場合に確認
(3) 宛先がアドレス帳にある(ない)場合に確認
Check and Sendアドオンのページより)


kfall+ AL-MailからThunderbirdへの移行手順
kfall+ PCを買い換えても入れ続けているツール一覧
スポンサーサイト

最近の記事

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
管理者にだけメッセージを送る

みんなの拡張機能
シリーズ記事一覧
カテゴリ一覧
ブログ内検索
QRコード
QR
プロフィール

くふぉーる

はじめまして。日本のシステムエンジニア「くふぉーる」です。
このブログではできるだけ役立つ記事を掲載することを心がけています。

RSSフィード
このブログについて
・ このブログは全記事リンクフリーです。
・ スパム対策として、トラックバック、コメントは承認制にしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。