QLOOKアクセス解析

目次   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

QLOOKの高度な解析タグをFC2ブログに適用する

FC2ブログにQLOOKの「高度な解析」タグを設置する際、「他人の日記を見るのか? ver.BLOG」というブログの記事が非常に参考になる。
ここに掲載されているタグのサンプルを流用させてもらえば、FC2ブログにQLOOKの高度な解析タグが簡単に適用できるので、その手順をメモしておく(2008/7/28現在)。

▽流用箇所
まず、「QLOOKの高度な解析を使いこなす その2」(携帯版)、あるいは「QLOOKの高度な解析を使いこなす その3」(PC版)にアクセスし、記事下方にあるタグサンプルの以下の部分をコピーさせてもらう。
.png?guid=ON&url=ほにゃらら&ttl=ふにゃらら" alt="QLOOKア

次にこれを3ステップカスタマイズする。

▽ステップ1. ブログのURLの書き換え(ほにゃらら部分)
サンプルではブログURLがべた書きされているので、<%enc_url>に全て置き換える。
http%3A%2F%2Frun800m.blog23.fc2.com%2F<%enc_url>

▽ステップ2. ブログタイトルの付加(ふにゃらら部分)
多くのFC2テンプレートではサブタイトルの前にブログタイトルが付いていると思うが、サンプルでは付いていない。必要ならばサンプルのttl=の直後にブログタイトルを付加する。
ttl=<!--ttl=<%enc_blogname>%e3%80%80+<!--

▽ステップ3. &の書き換え
サンプルではクエリ名が、
&url=
&ttl=
となっているが、QLOOKの仕様では、
&amp;url=
&amp;ttl=
が正しいようなので、書き換える。

あとはQLOOKのヘルプを参考に、自分の解析タグにカスタマイズ済みの「&amp;url=ほにゃらら&amp;ttl=ふにゃらら」を入れ込めばよい。

「他人の日記を見るのか? ver.BLOG」の素晴らしい記事のおかげで、このブログでもQLOOK高度解析タグの適用に踏み出せた。感謝!

kfall+ 網羅的な機能を備えた無料アクセス解析サービス(QLOOK)
スポンサーサイト

QLOOK無料版でアクセス数のログを取得するブックマークレット

QLOOKアクセス解析では、有料版サービス開始に伴って、無料版におけるログのダウンロードができなくなった。
kfall+ 網羅的な機能を備えた無料アクセス解析サービス(QLOOK)

しかし、日別のビジター数とアクセス数のログはExcelにとっておきたいので、ビジター数とアクセス数をタブ区切り(TSV形式)で抽出するブックマークレットを作った。

Bookmarklet: ');document.write('ブラウザの戻るボタンで戻ってください
');document.write('
');}var s = '';for (var i = 0; i < rows.length; i++) {s = s + rows[i][0].replace(' ', '\t') + '\t'+ rows[i][1] + '\t'+ rows[i][2] + '\n';}if (document.all) {document.write(s);document.write('
');document.write('
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
');document.close();} else {alert(s);}};genQlookLog();undefined;" alt="QLOOKアクセス数を抽出">QLOOKアクセス数を抽出

▽動作確認環境
Firefox 3.01 + QLOOK(2008/7/26時点)
Internet Explorer 7 + QLOOK(2008/7/26時点)

▽インストール方法(Firefox)
1. 上記の「QLOOKアクセス数を抽出」リンクを右クリックする
2. 「このリンクをブックマーク」を選択する
→これでブックマークに「QLOOKアクセス数を抽出」ブックマークができる。

▽使い方
1. QLOOKの月別、日別、あるいは時間別のアクセス数のページにアクセスする

cf. QLOOK動作中デモ
qlook_day.jpg

2. 作成した「QLOOKアクセス数を抽出」ブックマークをクリックする

qlook_gen_bmklet.jpg

「訪れた人数」「表示された」回数がTSV形式でポップアップ表示される。
(IEの場合、ポップアップがコピー不可なので、ブラウザウィンドウ内にTSVを出力する)

qlook_gen_popup_1.jpg

この内容はコピーして、

qlook_gen_popup_2.jpg

エクセルにそのまま貼り付けることができる。

qlook_gen_excel.jpg

▽バグ報告やご要望
バグ報告やご要望はこの記事のコメント欄に書き込んでください。

Firefox コード例:一番親のウィンドウを取得する(サイドバーからでも有効)

Firefoxアドオンにて、一番親のウィンドウを取得するJavascriptコード例を挙げる。
サイドバーからでも有効に動作する。

/***********************************************
一番親のウィンドウを取得する(サイドバーからでも有効)
*/
var _win = window.QueryInterface(Components.interfaces.nsIInterfaceRequestor)
.getInterface(Components.interfaces.nsIWebNavigation)
.QueryInterface(Components.interfaces.nsIDocShellTreeItem)
.rootTreeItem
.QueryInterface(Components.interfaces.nsIInterfaceRequestor)
.getInterface(Components.interfaces.nsIDOMWindow);
//オープナーを上へ上へとたどってゆく
while (_win.opener) _win = _win.opener;
//ルートウィンドウにフォーカス
_win.focus();


以下のようにwindow.topで取得する方がスマートに見えるが、Chromeを超えた場合に狙いと違うものが取れることがあるので注意が必要である。

_win = _win.top

以下、リファレンスの引用文。
Accessor for the root of this hierarchy of windows. This root may be the window itself if there is no parent, or if the parent is of different type (i.e. this does not cross chrome-content boundaries).
XULPlanet: Object Reference: ChromeWindow#topより引用)

Firefox コード例:Firefoxのエラーコンソールにログを出力する

Firefoxのエラーコンソールにログを出力するJavascript例を挙げる。

/******************************************
Firefoxのエラーコンソールにログを出力する
*/
//標準ログ出力
var logs = Components.classes["@mozilla.org/consoleservice;1"] .getService(Components.interfaces.nsIConsoleService);
logs.logStringMessage("普通のログです");
//エラーログ出力
Components.utils.reportError("エラーログです");
try {
if (true) throw new Error("エラー発生!");
} catch (err){
//例外も引数に渡せる
Components.utils.reportError(err);
}


以下に例付きで詳しい。
cf. nsIConsoleService - MDC

Firefox コード例:ローカルファイルを指すURL(file:///)を作る

Firefoxアドオン上で、ローカルファイルを指すURL(file:///)を作るJavascript例を挙げる。

/***********************************************
file:/// の形式のファイルパス(URL)を作る
*/
//一度、普通のファイルを作る
var path = "c:\\Users\\xxx\\Desktop\\tmp\\";
var aFile = Components.classes["@mozilla.org/file/local;1"].createInstance(Components.interfaces.nsILocalFile);
aFile.initWithPath(path);
aFile.append("hoge.txt");
//ファイルプロトコルハンドラの取得
var fph = Components.classes["@mozilla.org/network/protocol;1?name=file"]
.getService(Components.interfaces.nsIFileProtocolHandler);
//普通のファイルパスを file:/// 形式に変換する
var fileURL = fph.getURLSpecFromFile(aFile);
alert("拡張機能のファイルURL=" + fileURL);


cf. nsIFileProtocolHandler

逆に、file:/// から nsIFile を取得したい場合は以下が参考になる。
cf. nsIFile とパス文字列

Firefox コード例:拡張機能ディレクトリのファイルパスを取得する

Firefoxアドオンから自分の拡張機能ディレクトリのファイルパスを取得するJavascript例を挙げる。

/***********************************************
自分の拡張機能ディレクトリのファイルパスを取得する
*/
//Profile以下の自アドオンのディレクトリを取得
var extId = "{1E8D82DB-622C-4f7c-A6C8-66464999320D}";
//nsIFileオブジェクトを取得
var myExtDir = Components.classes["@mozilla.org/extensions/manager;1"]
.getService(Components.interfaces.nsIExtensionManager)
.getInstallLocation(extId)
.getItemLocation(extId);
//クローンを忘れずに!
var fileDir = myExtDir.clone();
//自アドオンディレクトリから下るにはnsIFile#appendを使う
fileDir.append("chrome");
fileDir.append("tmp");
fileDir.append("hoge.txt");
alert("ファイルパス=" + fileDir.path);


nsIFileオブジェクトを通してファイルのコピーや移動ができる。
cf. nsIFile

Firefox コード例:デスクトップ右下にポップアップをスライドアップさせる

Firefoxアドオンにて、デスクトップ右下にポップアップをスライドアップさせるJavascript断片。
この形式のプロンプトはFirefoxのダウンロード完了通知などで見かける。

nsIAlertsService.gif

/***************************************
デスクトップ右下にポップアップをスライドさせる
*/
var alerts = Components.classes["@mozilla.org/alerts-service;1"].getService(Components.interfaces.nsIAlertsService);
alerts.showAlertNotification(null, "タイトル", "内容はここに書きます" , false, "", null);


showAlertNotificationの引数に画像やイベントリスナも設定できるようだ。
以下に詳しい。
cf. nsIAlertsService

Firefox コード例:ウェブからバイナリ画像をGETしてファイルに保存する

Firefoxアドオンにて、ウェブからバイナリファイル(画像)をダウンロードしてファイルに保存するJavascript例を挙げる。


/******************************************
サーバからバイナリファイルをダウンロードする
*/
var url = "http://blog-imgs-19.fc2.com/k/f/a/kfall/hoge.png";
var request = new XMLHttpRequest();
request.open('GET', url, false);
request.overrideMimeType('text/plain; charset=x-user-defined');
//キャッシュをバイパス(必要ならば)
request.channel.loadFlags |= Components.interfaces.nsIRequest.LOAD_BYPASS_CACHE;
req.send(null);
if (req.status != 200) return;
var instream = req.responseText;

/******************************************
バイナリファイルをローカルに出力する
*/
//出力先ディレクトリのパス
var path = "c:\\Users\\ユーザ名\\Desktop\\tmp\\";
//出力先ファイルハンドラの生成
var aFile = Components.classes["@mozilla.org/file/local;1"].createInstance(Components.interfaces.nsILocalFile);
aFile.initWithPath(path);
aFile.append("hoge.png");
//出力ストリームの生成
var outstream = Components.classes["@mozilla.org/network/safe-file-output-stream;1"].createInstance(Components.interfaces.nsIFileOutputStream);
outstream.init(aFile, 0x02 | 0x08 | 0x20, 0664, 0);
//書き出し
outstream.write(instream, instream.length);
if (outstream instanceof Components.interfaces.nsISafeOutputStream) {
outstream.finish();
} else {
outstream.close();
}


XmlRequestとファイルIOについては以下に詳しい。
cf. XMLHttpRequest
cf. Code snippets:File I/O

また、このコードを書くにあたって「Script雑感」の次の記事を参考にさせていただいた。
cf. Script雑感 Ajax:画像を取得して表示する(Firefox)

「Script雑感」ではブラウザに画像をそのまま表示させており、非常に勉強になった。
以下、画像表示部分の引用:

write_binary_file = function(url) {
// 49 => "1" (decimal)
var filestream = load_url(url);
var bytes = [];
for (i = 0; i < filestream.length; i++)
bytes[i] = filestream.charCodeAt(i) & 0xff;
// 改造
var ele = document.createElement('img');
ele.src = 'data:image/gif;base64,'
+ base64.encode(String.fromCharCode.apply(String, bytes));
document.getElementById('testBinery').appendChild(ele);
}

Firefox コード例:キャッシュをクリアする

FirefoxアドオンからFirefoxのキャッシュをクリアするJavascript例を挙げる。

■キャッシュをまるっと消す
FF3のメニューバーで「ツール→オプション→詳細→ネットワーク→オフラインデータ」とたどり、「今すぐ消去」ボタンを押下するのとほぼ同じようなキャッシュをまるっと消す処理を拡張機能から実行できる。

/********************************************
キャッシュを全部消す
*/
//キャッシュサービスの生成
var caches = Components.classes["@mozilla.org/network/cache-service;1"].getService(Components.interfaces.nsICacheService);
//キャッシュのクリア
caches.evictEntries(Components.interfaces.nsICache.STORE_ANYWHERE);
//↑他にも個別にストレージを指定できる
//STORE_IN_MEMORY, STORE_ON_DISK, STORE_ON_DISK_AS_FILE, STORE_OFFLINE


■キャッシュを個別に消す
特定のキャッシュを指定して消すこともできる。

/********************************************
URLを指定して特定のキャッシュを消去
*/
//消したいキャッシュのURL
var uri = "http://blog-imgs-19.fc2.com/k/f/a/kfall/favicon.ico";
//キャッシュサービスの生成
var caches = Components.classes["@mozilla.org/network/cache-service;1"].getService(Components.interfaces.nsICacheService);
//キャッシュセッション(nsICacheSession)の生成
//第一引数 = "HTTP" ←ミソ。メモリ上の画像は"image"
var cs = this.caches.createSession("HTTP", Components.interfaces.nsICache.STORE_ANYWHERE, true);
cs.doomEntriesIfExpired = false;
//キャッシュエントリ(nsICacheEntryDescriptor)を取得する
//第一引数 = 消したいキャッシュのURL
var dsc = cs.openCacheEntry(uri, Components.interfaces.nsICache.ACCESS_READ_WRITE, true);
if (dsc) {
dsc.doom();
dsc.close();
cs = null;
}


■キャッシュの確認方法
Firefoxのロケーションバーに「about:cache」と入力し、リターンキーを押下すると、キャッシュ情報が参照できる。

Firefoxのキャッシュ操作の参考文献は少ないが、手がかりとしては以下のページがある。
cf. XULPlanet: XPCOM Reference: Cache

Firefox コード例:タイトル付きダイアログプロンプトを出す

Firefoxアドオンから警告や確認ダイアログボックスを出すJavascript例を挙げる。

タイトルを入れられる点が普通のwindow.alert()やwindow.confirm()との違い。

/**************************************
Firefox ダイアログポップアップ
*/
var prompts = Components.classes["@mozilla.org/embedcomp/prompt-service;1"].getService(Components.interfaces.nsIPromptService);
//window.alert()に相当
prompts.alert(null, "タイトル文言", "警告文言");
//window.confirm()に相当
var ret = prompts.confirm(null, "タイトル文言","確認文言");


confirm_fx.png

以下に詳しい。
cf. nsIPromptService

Firefox コード例:SQLite(*.sqlite)を操作する

Firefoxアドオンから、SQLite(*.sqlite)を操作するJavascriptの例を挙げる。

/************************************************
places.sqliteに対しSQLの発行を行う
*/
//ファイルサービスの生成
var myplaces = Components.classes["@mozilla.org/file/directory_service;1"].getService(Components.interfaces.nsIProperties).get("ProfD", Components.interfaces.nsIFile);
//アクセスするデータベースファイルを追加
myplaces.append("places.sqlite");
//ストレージサービスの生成
var storages = Components.classes["@mozilla.org/storage/service;1"].getService(Components.interfaces.mozIStorageService);
//DBコネクションの生成
var conn = storages.openDatabase(myplaces);

//SQLの実行(参照)
//この例ではhttp://kfall.blog17.fc2.com/というURLのファビコンのIDを検索
//ステートメントの生成
var stmt = conn.createStatement("SELECT favicon_id, url FROM moz_places WHERE url = ?1");
//バインド変数
stmt.bindStringParameter(0, "http://kfall.blog17.fc2.com/");
//結果取得
while(stmt.executeStep()) {
alert("favicon_id=" + stmt.getString(0) + "\nurl=" + stmt.getString(1));
}
//SQLの実行(更新)
//この例ではhttp://kfall.blog17.fc2.com/というURLのファビコンレコードを削除
conn.executeSimpleSQL("DELETE FROM moz_favicons WHERE id = (SELECT favicon_id FROM moz_places WHERE url = 'http://kfall.blog17.fc2.com/')");


SQLiteの扱いは以下が参考になる。
cf. Storage - MDC

kfall+ Firefox 3ブックマークFaviconリセット手順その2(SQLite Manager)

Firefox 3のキャッシュのクリア方法

Firefox 3のオフラインデータのキャッシュクリア方法をメモしておく。

■Firefoxのキャッシュのクリア方法(標準)
1. メニューバーから「ツール→オプション」を選択する
2. オプションウィンドウの「詳細」タブを選択する
3. 「ネットワーク」タブの「オフラインデータ」の中の今すぐ消去ボタンを押下する

■Firefoxのキャッシュファイル内容の確認方法
Firefoxのロケーションバーに「about:cache?device=disk」と入力しリターンキーを押下すると、ディスクに保存されているキャッシュ情報が参照できる。
例えば、「Cache Directory」項目はキャッシュディレクトリのパスだ。

■Firefoxのキャッシュのクリア方法(アドオン開発者向け)
アドオン(拡張機能)などからJavascriptでキャッシュをクリアすることもできる。
kfall+ Firefoxコード例:キャッシュのクリア

Firefoxのデフォルトのマウスホイールスクロール量が小さすぎる?

Firefoxのデフォルトのマウスホイールのスクロール量が小さすぎるので、私はこの値をFirefoxの設定ファイルであるuser.jsで大きく設定し直している。

user.jsはC:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\ランダム値.defaultの下にある(Vistaの場合)。存在しない場合は、「user.js」という名前でファイルを新規作成すればよい。

user.jsをテキストエディタで開き、以下の設定を追記して保存する。

//Firefoxのマウスホイールスクロール量を5に設定(デフォルトは1)
user_pref("mousewheel.withnokey.numlines", 5);
user_pref("mousewheel.withnokey.sysnumlines", false);


後はFirefoxを再起動すれば設定が反映される。

Firefox 3ブックマークFaviconリセット手順その2(SQLite Manager)

Firefox 3でブックマークFaviconをリセット(リフレッシュ)する方法を「Firefox 3のブックマークFaviconリセット手順その1(Favicon Picker)」に載せたが、別の方法としてFaviconを管理しているデータベースを直接いじるものがある。

Firefoxのデータベースを操作するのはリスクは高いが、他にも応用が利きそうなのでメモしておく。Firefoxのデータベース操作にはSQLite Managerというアドオンを使う。
(実施環境:Windows Vista + Firefox 3.0 + SQLite Manager 0.2.46)

sqlitemanager.png

■SQLite Managerのインストール
まず、SQLite Managerをインストールする。

1. Firefoxからhttps://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/5817にアクセスする
2. 「Firefoxへインストール」ボタンを押下する
3. ソフトウェアインストールウィンドウで「インストール」ボタンを押下する
4. Firefoxを再起動する

■SQLite Managerを使ってFaviconをリセットする
次にSQLite Managerを使って、Faviconをリセットする。

1. データベースファイルを別の場所にバックアップ(コピー)する。バックアップ対象は、Vistaの場合、C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\ランダム値.defaultの下の「places.sqlite」という名前のファイルである。
2. Firefoxのメニューバーから「ツール→SQLite Manager」でSQLite Managerを起動する
3. SQLite Managerのツールバーの「Connect Database」を押下する
4. places.sqliteファイルを選択し、「開く」ボタンを押下する。Vistaの場合、places.sqliteは、C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\ランダム値.defaultの下にある。
5. メインビューの「Execute SQL」タブを選択する
6. 「Enter SQL」入力欄に次のSQLを書く。

DELETE FROM moz_favicons WHERE id = (
SELECT favicon_id FROM moz_places WHERE url = '●●●')


●●●の部分にはリセット対象のブックマークのURLを入れる。このURLは、ブックマークのプロパティで確認できる。例)http://kfall.blog17.fc2.com/

7. 「Run SQL」ボタンを押下する
8. SQLite Managerを終了する

■Firefoxのローカルキャッシュをクリアする
Firefoxのオフラインデータキャッシュをクリアする。
これを行わなくてもうまく行く場合もあるが、実施しておいた方が確実と思われる。
方法は以下のエントリを参照のこと。
kfall+ Firefox 3のキャッシュのクリア方法

最後にFirefoxを再起動する。

以上で、目的のブックマークのFavicon自体はリセット(無地アイコン化)される。後はブックマークからサイトにアクセスすれば、新たにFaviconが読み込まれる。

kfall+ Firefox 3のブックマークFaviconがキャッシュクリアでリセットされない?

【2008/7/6追記】
この記事の内容を元にFaviconのリセットに特化したアドオンを作ったので以下のエントリにアップした。
kfall+ Firefox 3のFaviconを最新化するアドオン(Reget Favicon)

Firefox 3ブックマークFaviconリセット手順その1(Favicon Picker)

Firefox 3ではFaviconが一度取込まれてしまうと、その後、サイト側でFaviconが更新されてもローカルのブックマークFaviconに反映されない。Firefox 2まではブックマークを削除後、キャッシュをクリアすればFaviconもクリアされたようだが、Firefox 3ではキャッシュを消してもうまく行かなかった。
kfall+ Firefox 3のブックマークFaviconがキャッシュクリアでリセットされない?

そこで、Favicon Picker 3というアドオンを使って、Firefox 3のブックマークFaviconをリセットする方法をメモしておく。
(実施環境:Windows Vista + Firefox 3.0 + Favicon Picker 3 0.4.0.3)

※ちなみにこことは違う方法を以下のエントリに掲載してある。興味があれば参照してほしい
kfall+ Firefox 3ブックマークFaviconリセット手順その2(SQLite Manager)
kfall+ Firefox 3のFaviconを最新化するアドオン(Reget Favicon)

■Favicon Picker 3のインストール
まず、Favicon Picker 3をインストールする。
2008/6/29現在、Favicon Picker 3をダウンロードするにはFirefox Add-onsに事前にユーザ登録しておく必要がある。登録は以下からできる。
cf. Firefox Add-ons: ユーザ登録

1. Firefoxからhttps://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/7849にアクセスする
2. 「Firefoxへインストール」ボタンを押下する
3. ログイン画面がでるので、Firefox Add-onsに登録したメールアドレスとパスワードを入れ、ログインボタンを押下する
4. 「Firefoxへインストール」ボタンを押下する
5. ソフトウェアインストールウィンドウで「インストール」ボタンを押下する
6. Firefoxを再起動する

■Favicon Picker 3を使ってFaviconをリセットする
次にFavicon Picker 3を使って、Faviconをリセットする。

1. Cntl+Bでブックマークサイドバーを表示する
2. ブックマークサイドバーからリセットしたいブックマークを右クリックし、プロパティを選択
3. プロパティ画面の「Reset」ボタンを押下する→左側のアイコンが消える

faviconPicker.png

4. 「変更を保存」ボタンを押下する
5. Cntl+Bでサイドバーを閉じる
6. Cntl+Bでサイドバーを開く

これで目的のブックマークのFaviconはリセット(無地アイコン化)される。

■Firefoxのローカルキャッシュをクリアする
最後にFirefoxのオフラインデータキャッシュをクリアする。これは実施しなくてもうまく行く場合もあるが、行っておいた方が確実と思われる。方法は以下のエントリを参照のこと。
kfall+ Firefox 3のキャッシュのクリア方法

これで、目的のサイトにアクセスすれば、新たにFaviconが読み込まれるはずである。
しかし、Favicon Pickerの不具合(エラー)か、私の環境のせいか分からないが、今度は目的のサイトにアクセスしても、Faviconが読み込まれないことがある。その場合は以下の手順を行う。

■Favicon Picker 3を無効化する
1. メニューバーから「ツール→アドオン」を選択
2. アドオン画面でFavicon Picker 3を選択し、「無効化」ボタンを押下する
3. Firefoxを再起動する

Firefox 3のブックマークFaviconがキャッシュクリアでリセットされない?

Firefox 3ではFavicon(※)が一度取込まれてしまうと、その後、サイト側でFaviconが更新されてもブックマークのFaviconに反映されない(ロケーションバーやタブのものは更新されることもある)。これでは自分のホームページのfaviconを色々変えて見る際に、変更後のFaviconの確認ができず非常に不便だ。

※ファビコン。ロケーションバー、ブックマーク、タブのサイト名の左側に表示されるアイコン
favicon1.png

Firefox 2まではブックマークを削除後、キャッシュをクリアすれば、ブックマークFaviconもクリアされたようだ。
cf. 各ブラウザでブックマークのfaviconを更新する方法 ←FF2の方法

しかし、Firefox 3ではFaviconの管理方法が変わったらしく、キャッシュを消してもうまく行かなかった。キャッシュファイルを物理的に削除することも試みたが効果は無かった。
kfall+ Firefox 3のキャッシュのクリア方法

そこでFirefox 3でブックマークFaviconをリセット(リフレッシュ)する方法を調査したので、以下のエントリに記載しておいた。
kfall+ Firefox 3ブックマークFaviconリセット手順その1(Favicon Picker)
kfall+ Firefox 3ブックマークFaviconリセット手順その2(SQLite Manager)

また、調べた内容を元にFaviconの最新化に特化したアドオンを作った。
ファビコンをリフレッシュする目的ならば、Favicon Pickerよりお手軽で便利かもしれない。
kfall+ Firefox 3のFaviconを最新化するアドオン(FF3 Favicon Resetter)

AdrToLdifでアドレス帳の階層が崩れる?(AL-Mail→Thunderbird移行)

AdrToLdif(Java版)という素晴らしいツールを使うと、簡単にAL-Mailのアドレス帳をThunderbirdに移行できる(AL-MailからThunderbirdへの移行手順)。
しかし、私の場合、AdrToLdifでAL-Mail→Thunderbird移行後にThunderbirdアドレス帳のグループ階層構造がおかしくなってしまった。

解決法としては、AdrToLdifを使用する前に、AL-Mailのアドレスファイル(*.adr)のインデントを削除しておくと良いようだ。

-----インデント削除前のADRファイル-----
Group 友達
    山田さん: yamada@xxxxxxx.ne.jp
    鈴木さん: suzuki@xxxxxxx.ne.jp
    佐藤さん: satou@xxxxxxx.ne.jp
End group


-----インデント削除後のADRファイル-----
Group 友達
山田さん: yamada@xxxxxxx.ne.jp
鈴木さん: suzuki@xxxxxxx.ne.jp
佐藤さん: satou@xxxxxxx.ne.jp
End group


インデント削除の方法は様々だが、例えばsakuraエディタならば以下のようにすればよい。
1. AL-Mailのアドレスファイル(*.adr)をsakuraエディタで開く
2. Cntl+Rで置換ウィンドウを立ち上げる
3. 「置換前」欄に「^ *」(^*の間に半角スペース)と入力する
4. 「置換後」欄にはなにも入力しない
5. 「正規表現」チェックボックスをチェックする
6. 「すべて置換」ボタンを押下する

Firefoxのサイドバーを右側に配置する方法

Firefoxのサイドバーを右側に配置するには、userChrome.cssというファイルに以下の設定を書き込んで、Firefoxを再起動する。

@charset "utf-8";
@namespace url("http://www.mozilla.org/keymaster/gatekeeper/there.is.only.xul");
#browser { -moz-box-direction: reverse;}


「userChrome.css」の場所は、Windows VistaではC:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Mozilla\Firefox\Profiles\ランダム値. default\chromeの下にある。
ファイルが存在しない場合は、「userChrome.css」という名前でファイルを新規作成すればよい。
ファイルの文字コードはUTF-8にすること。

以前、Firefox 2でこの設定を行ったときには、検索バーなどの入力ボックスのカーソル下部に髭のようなものが生えていて気になったが、Firefox 3.0では解消されているようだ。

複数のソーシャルブックマークボタンを簡単に作る(AddClips)

自分のブログに複数のソーシャルブックマーク(SBM)への登録ボタンをつけるは意外に手間だ。
それを簡単にしてくれるAddClipsというサービスを見つけたので、ここにメモしておく。

cf. AddClips

AddClipsでは、無料かつユーザ登録不要で、簡単に複数のソーシャルブックマークサービスに対応したボタンを作成できる。対応しているサービスは、はてな、del.icio.us、Buzzurl、Yahoo!、Google、Livedoorなどのソーシャルブックマークサービスが20サイト、RSSサービスが12サイトらしい(2008/7/1現在)。

AddClipsボタンをマウスオーバーすると、ソーシャルブックマーク一覧がポップアップする。
ポップアップ下方の広告は気になるものの、使うとき以外は小さくなっているので、邪魔にならず嬉しい。

addclips.png


■設定TIPS
AddClipsボタン設置コード生成時に、ブログの種類(FC2、忍者、Movale Type、Seasaaなど)を選択すれば、指定されたブログのテンプレート変数を含んだコードを生成してくれる。

addclips_setting1.png

例えばFC2ブログを選択すると「%topentry_link」や「%topentry_link」が入ったソースコードが生成されるので、これをブログテンプレートの<!--topentry-->と<!--/topentry-->の間に埋め込めば、各記事別にブックマークボタンを表示できる。

最近の記事

みんなの拡張機能
シリーズ記事一覧
カテゴリ一覧
ブログ内検索
QRコード
QR
プロフィール

くふぉーる

はじめまして。日本のシステムエンジニア「くふぉーる」です。
このブログではできるだけ役立つ記事を掲載することを心がけています。

RSSフィード
このブログについて
・ このブログは全記事リンクフリーです。
・ スパム対策として、トラックバック、コメントは承認制にしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。